技能実習と特定技能1号の比較表

 

内 容   技能実習 特定技能1号
制度と目的 基本的に研修生として日本で技術の習得。 単純労働を目的、人手不足
賃  金 最低賃金以上
※賃金が安いと希望者は少ない。
日本人従業員と同等以上
業種・職種 多い 14業種のみ

❶建設業
❷造船・舶用工業
❸自動車整備業
❹航空業
❺宿泊業
❻介護
❼ビルクリーニング
❽農業
❾漁業
❿飲食料品製造業
⓫外食業
⓬素形材産業
⓭産業機械製造業
⓮電気電子情報関連産業

転  職 不可能 可能 ※転職されるリスクあり
在留期間 1号➡1年 2号➡2年 最大5年
業務経験 なし ある程度必要
管理団体の必要 必要 必要なし ※登録支援機関認定が必要
人材の確保 容易 面接で数名から選べる 難しい 対象者が少ない為、選べる余裕がない